ゼニカルの副作用によくある頭痛

ゼニカルの副作用によくある頭痛

ゼニカルは、飲むだけで痩せることができるダイエット薬です。

雑誌やテレビ、SNSなどで話題になっています。

ゼニカルは、脂肪の吸収を抑えて、分解して排出します。

そのため、脂っぽい食事をしていても無理なく痩せられるのです。

ゼニカルの副作用は、頭痛や下痢の症状が挙げられます。

頭痛といっても片頭痛などとは異なります。

首や肩周辺に重さや怠さを感じるものです。

重篤な状態になることはなく、一時的なものなので、心配する必要はありません。

そのまま服用を続けることで自然に症状が消えていきます。

また、ゼニカルを服用すると、ビタミン不足になりがちです。

ビタミンのサプリメントなどのを服用し、栄養素を多く摂取しましょう。

また、ビタミンを摂取することで、下痢も緩和することができます。

ゼニカルの副作用によくある生理不順

ダイエット薬のゼニカルは、ストレスなく痩せることができるものとして評判になっています。

しかし、副作用として頭痛や下痢のほかにも、生理不順が報告されています。

生理不順は、ゼニカルの働きによって、脂溶性ビタミンの吸収が阻害されることで、生じます。

ビタミン不足がおこるとホルモンバランスが崩れやすくなり、排卵障害や生理不順がおこってしまうのです。

改善のためには、サプリメントの摂取やバランスの良い食事が大切になるでしょう。

ダイエット中であっても、必要な栄養素は積極的に摂取する必要があります。

ただ単純に「痩せる」ということを目的にすると、体調を崩すことになるかもしれません。
栄養管理にも注意し、ダイエットを行いましょう。

また、ゼニカルは海外で製造・販売されている薬でもあるので、日本人には合わないこともあります。

初めて服用する場合には、こうした副作用などにも十分に気を付けて服用しましょう。