ゼニカルとサノレックスは飲み方や効果に違いはあるの?

ゼニカルとサノレックスは飲み方や効果に違いはあるの?

サノレックスとゼニカルには違いがあります。

飲む前に正しい知識を持ちましょう。

ゼニカルの主成分は、オルリスタットです。オルリスタットは、食事で食べた脂肪成分の吸収を阻害します。

ゼニカルでカットできる脂肪分はおよそ3割です。

余分な油分を体外へとスムーズに排出させます。

ゼニカルは、肥満症を治療するために処方される医薬品です。油ものの食事を食べる前に水と一緒に飲みます。

一方、サノレックスは、神経にダイレクトにアプローチし、過剰な食欲を抑える効果があります。

サノレックスを服用すると、食べ過ぎを防止することができます。

また、食欲だけではなく、消費エネルギーも増やせるのです。

サノレックスは、服用をすることで代謝を良くするなど、ダイエットの味方です。

肥満になったのが食べ過ぎのせいであれば、サノレックスがおすすめです。

油ものの料理を好む人ならば、油分カットのゼニカルです。

ゼニカルは飲み続けないといけないの?

ゼニカルは飲み続けないといけない医薬品ではありません。

脂肪分の多い食事前に飲みます。

あっさりした食事などでは、ゼニカルを服用する必要はありません。

ゼニカルの服用は、続けるのもやめるのも自由です。

サノレックスは、中枢興奮作用を持っており、薬物依存症のリスクがあるとされています。そのため、処方期間は3ヵ月間とされているのです。

ゼニカルは、そうした成分を含んでいないので、服用期間の制限などもありません。

長期的に処方を受けて飲み続けても問題ありません。

服用をしてから医薬品の成分は、3日から5日ほど経過をすると排出されます。

毎日油料理を食べるために、毎回食事の前に服用をしても構いません。

目標体重まで落とすことができて、油分の食事もコントロールできるようになれば、服用をやめても問題ないのです。