ゼニカルの副作用によくある吐き気の症状

ゼニカルの副作用によくある吐き気の症状

ゼニカルの主な副作用は、吐き気、おならの回数の増加です。他にも、ビタミン不足になったり、胆石症の発症率が上がったりします。

ゼニカルを飲むと、体内で吸収される脂肪分を減らします。減量中のダイエッターにはとても頼りになる存在です。

今回は吐き気について記載します。

軽い吐き気は、ゼニカル服用時に起こりやすい症状なので効いている証拠です。

しかし、気分の悪い状態が続いている場合、服用は中止した方が無難です。

強烈な気分の悪さは食欲中枢に影響しているサインでもあります。

健康を損ねないためにも一旦ゼニカルの服用は中止しましょう。

体調不良だと不愉快な症状も出やすいです。また、体調を整えてから再び服用してみて下さい。

また、ゼニカルの副作用をなるべく出さないようにするためにも、用法用量を守りましょう。

はやく痩せたいと焦っていても、服用を増やしたところで、効果は変わりません。

ゼニカルの副作用でビタミン不足になるってホント?

ビタミン不足は、ゼニカル服用時に生じる副作用です。

ゼニカルを飲んでいると全身の油分の量が減るため、脂溶性の栄養を取り込みにくくなります。

脂溶性ビタミンが不足すると生理不順になりやすく、肌荒れなどのトラブルも生じるのです。

また、ビタミン不足から、頭痛や食欲不振が生じます。

ゼニカル服用前に、サプリメントを飲んで副作用をカバーしましょう。

サプリメントは、ゼニカルの服用2時間前に服用するのです。

ゼニカルを飲んでからサプリを服用しても肝心な脂溶性の栄養素は吸収されません。

服用するタイミングがとても大事なポイントになります。

このように、事前に予防対策に励むことで、副作用は避けられます。

どんな性質の薬なのか把握した上で計画的に摂取しましょう。

ゼニカルの効き目は高いので、副作用にさえ気をつければ、とても良い薬です。