メインテートの添付文書について

メインテートという薬があります。
この薬は狭心症の予防や発作性心房細動の予防のための薬として使われています。
したがって心臓病の治療を行う際に使われている薬となっています。
また、主成分であるビソプロロールフマル酸塩は、心臓の拍動を抑える働きがあるので、高血圧の方はメインテートで血圧改善を図ることもできます。
メインテート添付文書にはさまざまな注意書きが書かれています。
使用上の注意としては次のようなことがあります。

一般的な注意としては服用してはいけない場合として、本剤の成分に対するアレルギーの前歴、たとえば気管支ぜんそくや気管支けいれんのおそれのある人は服用してはいけないこととなっています。
このほかに糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性ケトアシドーシスや高度または症状を呈する徐脈、房室ブロックや心原性ショックや安息香酸リザトリプタンを服用しているという場合には服用を控えるようにします。
この他に慎重に服用をする場合としては、うっ血性心不全のおそれのある人は慎重に服用するようにします。
甲状腺中毒症や突発性低血糖やコントロール不十分な糖尿病や絶食状態、この他に重い肝機能障害や腎機能障害がある人も服用を慎重に行うようにします。
メインテートを長期にわたって服用している場合には、定期的に心機能検査を行う必要があります。
脈拍や血圧や心電図、この他にエックス線などの検査を行います。
肝機能や腎機能や血液などの検査を受ける必要もあります。

狭心症の人がこの薬を服用することで症状が悪化したり心筋梗塞を起こす可能性があります。
このような場合にはすぐに服用を中止するようにします。
妊娠中の服用で新生児の発達の遅れなどの可能性もあるので、妊婦や妊娠している可能性のある場合にはこの薬は服用しないようにします。
妊産婦は授乳を中止し子供には使わないようにします。
このようなことがメインテート 添付文書には書かれています。